今後の日本経済を素人なりに考えます。
    経済に関する事を素人目で考察してみます。

    プロフィール

    Author:ひーりん(heelin)
    はじめまして。ひーりんです。
    男性。
    日本経済が今後どうなっていくのか興味がが有る、というか心配になって、いろいろな本やネットの情報を調べてみました。
    経済に関してはど素人ですが、好奇心だけで突き進んでみます!!^^;



    最新記事



    リンク



    タグ

    ロードバイク ハスラー 癒し レヴォーグ 自動車 スズキ_ハスラー 消費税 韓国 中国 世界経済 金融緩和 住宅ローン 金利 格差 教育 技術革新 野口悠紀雄 デフレ 雇用規制 QE 資本主義 ヘッジファンド アメリカ経済 バブル アベノミクス 経済 韓国経済 サムスン 需要 イノベーション 成長戦略 利子率革命 国債 反リフレ派 リフレ派 日銀 赤字 経常 円安 物価 株価 ポートフォリオリバランス効果 シグナリング効果 VARモデル 格差社会 景気 日本経済 円高 マネーストック マネタリーベース 



    月別アーカイブ



    カテゴリ



    検索フォーム



    RSSリンクの表示



    QRコード

    QR



    カウンター



    ブログランキング



    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    中学受験を終えて

    息子の中学受験が終わりました。
    結果は、第1志望には落ち、第2志望に合格。

    第1志望の落ち方が悔しかったです。

    第1志望は大阪星光学院でした。
    秋も中ごろまでは到底無理と言う感覚でしたが、本人の頑張りで奇跡的に12月から成績が伸び、(うまく行ったら受かるかも・・・)という期待がでるようになったのです。

    私の息子の課題は算数でした。
    とにかくムラが大きい。
    大阪星光学院は算数がキモ。算数ができないと話になりません。
    11月は過去問や模擬テストで120点満点中30点、40点という点数を連発。(やはり厳しいか・・・)と言う感じでしたが、先の記事に書いた勉強法で徐々に成績が上がってゆき、50点、60点が取れるようになっていき、80点や100点(120点満点)を取ってくる時も有りました。
    1月1日、元旦も親子で一日中勉強しました。

    勉強は塾の他、

    文英堂 「特進クラスの算数」と、「特進クラスの理科」

    という参考書で勉強。この参考書はすごく良かったと今でも思います。
    私の息子は算数の中でも図形が苦手で、1月1日は塾が休みだったのでこの参考書で一日中図形の勉強をしました。
    すると、冬休みが終わる頃には「図形が得意になった!」と心強い事を言うようになりました。
    1月1日の元日の日に朝から晩まで息子と一緒に勉強した事・・・とても思い出になりました。

    受験には、実力が本当にピークに来た、という理想の状態で臨む事が出来ました。

    そして臨んだ大阪星光学院の試験。
    今年は人気が有ったようで、倍率が非常に高かった。ちょっと不利だなと思っていたのですが・・・。

    試験の時間、待っている間はやはり落ち着かなく、神に祈っているしか有りませんでした。

    終わって、「手ごたえ有った!」と息子。なんと頼もしい事を言うのだろう、と思いました。

    次の日、第三志望の中学の試験。
    私はその試験に付き添い、大阪星光学院の発表は妻が行きました。

    第三志望の試験が終わった頃に合格発表も出る。
    合否はLINEで来ることになっていました。

    第三志望のテストを終え出てきた息子。LINEは試験会場で見ると不謹慎なので、駅まで行って人気の無いところで見る事にしていました。

    「受かっていれば星光に行って合格番号を家族みんなで見よう。落ちていれば今日も塾に行って、第2志望の対策だ。受かっていればこちら方向の列車、落ちていればあちら方向の列車に乗る事になるよ。」

    そういうと、息子は「絶対に星光行きの列車に乗りたいな。」と言いました。

    いよいよ駅に着き息子と一緒にLINEを見ました。

    運命の一瞬。

    「残念、惜しかった」

    との一言。


    一緒に写真が添付されている。

    ---合格最低点 287点---

    287点?めちゃ高い!

    ---総合得点 270点---

    内訳を見ると、国語120点満点中100点弱、理科80点満点中70点弱、算数120点満点中50点強。(3教科なので1.25を掛けます。)
    国語と理科はこの上なく最高の出来!算数がこの上なく失敗!
    算数にやられた・・・・、頑張った算数で失敗して、国語と理科がすごく良かっただけに本当に悔しい落ち方でした。

    気が動転した私は、その後息子を塾に連れて行かなければならないのに何度も列車を乗り間違え倍の時間をかけて帰りました。

    届きかけてた合格が手に入らなかった・・・ちょっと未練が残ってしまいました。
    息子もショックは隠せず、その後の塾での第2志望校の過去問の点数が惨憺たる結果で帰ってきました。

    「第2志望校の問題も全然できひん!」

    悲痛な叫びとともに帰って来た息子。第2志望の問題で、いつもなら120点満点中70点~80点は取れているのに50点台の点数しか取れていませんでした。一個落ちる事によって自信喪失とかメンタルの問題で全く状況が変わる・・・中学受験は恐ろしいと思いました。

    その日、息子の気持ちを落ち着かせて、何とか過去問でそこそこの点数を取らせなければならないと思い、何度か算数の過去問をやらせました。

    「大阪星光学院の問題に比べ考え方は単純で行けるから必ず行けるよ。おちついて解いてごらん。」

    そう言い聞かせ、過去問2回目で70点台の点数を取り、3回目で80点台の点数を取る事ができました。そうしてやっと落ち着きを取り戻したようでした。

    その次の日、第3志望の結果発表が有り、「合格」の文字。これは本当にうれしかった。第3希望を受験しておいて良かったと思いました。
    一つでも合格が有るとやはり心の安定には一役買います。
    最初に落ちると、全部落ちるのではないか・・・不思議とそんな気持ちになってしまうものだと、体験してみて思いました。

    そういう事が有って第2志望のテストの日を迎えました。
    終わった後、「まあまあできた」と息子。

    しかし信用できないな~、と心配で胸が張り裂けんばかりで一夜を過ごし、私は会社に行き午前中に妻と息子で発表を見に行きました。

    また、LINEで結果が来ます。
    スマホを机の上に置き、発表の10時を待ちます。10時以降、仕事になりません。スマホを凝視です。

    10:54になってやっとLINEが来ました。

    おそるおそる開いてみると、番号を指差している息子の写真。「合格しました」の文字。

    これは飛び上るほどうれしかったです。
    すぐさま電話をかけ、「良かったね!とにかく良かったね!」と言うしかなかったです。
    その日は定時で速攻会社を上がり、息子が食べたいと言うので家族で寿司を食べに行きました。

    中学受験・・・苦しかったですがやって良かったと思っています。
    これまでに無く家族が団結できる、そんなイベントだったと思います。
    なんでしょうか、全力を尽くして立ち向かうスポーツ競技に似ていると思いました。
    全力を尽くした達成感、すがすがしさが、オリンピックなどに通じているような気がしました。

    中学に入るともっと勉強が大変かもしれません。
    中間テストに期末テスト・・・そして最後には大学受験。
    さまざまなハードルがこの先も待っています。

    しかし、中学受験に立ち向かった私たち家族は戦友のような感覚になりました。
    中学に入っても、勉強を教えられそうな気がします。(反抗期が来て大変かもしれませんが・・・^^;)

    今日、息子は塾で一緒に頑張って、同じように受験を乗り越えた仲間たちとユニバーサルスタジオに行って来ました。
    すごく楽しかったようで、キラキラしています。
    朝から最終まで楽しんで、付き添った妻は大変そうでしたが・・・

    「前は怖いと思って乗れなかったジェットコースターに乗った!最初は怖いと思ったけど、乗ってみたらどんどん楽しくなるな。」

    怖がりでジェットコースターなんか絶対に乗らなかったのに、今日は友達に誘われたのか無理やり乗ったみたいです。

    ジェットコースターにも乗れるようになり、一皮むけた彼。
    一歩づつ大人に近づいていくのが見て取れるのが、たくましくも有り、ちょっぴりさびしい感じもします。



    関連記事

    テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育


    コメント


    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。