今後の日本経済を素人なりに考えます。
    経済に関する事を素人目で考察してみます。

    プロフィール

    ひーりん(heelin)

    Author:ひーりん(heelin)
    はじめまして。ひーりんです。
    男性。
    日本経済が今後どうなっていくのか興味がが有る、というか心配になって、いろいろな本やネットの情報を調べてみました。
    経済に関してはど素人ですが、好奇心だけで突き進んでみます!!^^;



    最新記事



    リンク



    タグ

    ロードバイク ハスラー 癒し レヴォーグ 自動車 スズキ_ハスラー 消費税 韓国 中国 世界経済 金融緩和 住宅ローン 金利 格差 教育 技術革新 野口悠紀雄 デフレ 雇用規制 QE 資本主義 ヘッジファンド アメリカ経済 バブル アベノミクス 経済 韓国経済 サムスン 需要 イノベーション 成長戦略 利子率革命 国債 反リフレ派 リフレ派 日銀 赤字 経常 円安 物価 株価 ポートフォリオリバランス効果 シグナリング効果 VARモデル 格差社会 景気 日本経済 円高 マネーストック マネタリーベース 



    月別アーカイブ



    カテゴリ



    検索フォーム



    RSSリンクの表示



    QRコード

    QR



    カウンター



    ブログランキング



    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    羽生結弦くん、フィギュアスケート男子で日本史上初の金メダル!

    やりましたね、羽生結弦くん!
    フィギュアスケート男子で日本で史上初となる金メダル!
    ずっとテレビで応援していました。応援した甲斐がありました~!

    しかし金メダルを取ったにもかかわらず、演技後のインタビューで彼は「くやしい」と語っていました。
    そうですね。ショートプログラムがほぼ完璧だった事に比べて、このフリースケートでは転倒があったりで、本人からするとベストの演技では無かったという思いが強かったようです。

    そう、最終組6名が演技前にリンクで練習していましたが、皆どの選手もすごく緊張した面持ちでした。
    やはり、オリンピックでの特に最終組の緊張感は、尋常では無いものがあるんでしょうね。
    羽生くんもすごく硬い表情。

    (これは緊張しすぎだろう~)

    素人の私が見てもそのような印象を受け、硬くならなかったらいいけど・・・とちょっと心配していたんです。

    羽生くんの前に高橋大輔選手が演技したのですが、もしかしたらこれが羽生くんの金メダルに貢献したのかも知れません。
    というのは、高橋大輔選手の選曲とリラックスした表情での演技、これに羽生くんが助けられたのでは、と思うのです。

    高橋選手が選んだビートルズが織り交ぜられた曲は、フィギュアで他の選手が選ぶような重くて重厚な選曲、ちょっと緊張感が高まるような曲とちがい、それを聞くだけでもなにか癒される感じがしました。さらに、さわやかな笑顔を浮かべてすべる高橋選手が、すべって踊る事の楽しさを見せてくれたような気がしました。
    羽生くんもビートルズを聴き、高橋選手のリラックスした表情を見て、少しはほぐれたのではないかな、と思いました。

    しかしそれでも、演技が始まるとやはりちょっと動きが硬い。冒頭の4回転サルコウで転倒しました。
    ヤバイ・・・。見ていて気が気では有りませんでした。
    トリプルフリップでもまさかの転倒。(ほんとにヤバイ!メダル取れるかな・・・)
    ショートプログラムであんなに良かったのに、もしもメダルが取れなかったらマスコミになんと言われてしまうんだろう・・・そんな心配をするほどでした。

    しかし、徐々に調子が戻ったようで、後半は力強い演技で点数を稼ぎました。
    羽生くん・・・まだ10代の19才、男ですが体が細く、女性的です。しなやかなで軽やかな動き。やはり、演技はさすがでした。
    演技が終わって決めのポーズをした後、彼はしばし顔を上げずにうなだれているようでした。
    これってだめだって事かな・・・と心配しましたが、しばらくすると笑顔で顔をあげ、すごく息を上げて観客にお辞儀をしていまいた。
    終わってすぐ、というのはすごくしんどいのだと思います。
    だって、フィギュアスケートって、すごい運動量ですよね!あんなにくるくる回って目がまわらない。すごい訓練をした超人たちです。

    彼の点数が出て暫定1位。しかしその後に3人もいたので、頼むから銅メダルでもいいから取ってくれ、と祈る思いでした。

    しかし緊張していたのは羽生くんだけでは有りません。
    羽生くんの後にすべったカナダのパトリック・チャン(ショートプログラム2位)もミスを連発し、点数が伸びませんでした。
    申し訳ないと思いながら、羽生くんのあとの選手には(失敗してくれ~)と願いながらの観戦。その願い通り(?)、みな失敗を連発したのでした。

    そして!
    最後の選手の点数が出た瞬間、オリンピック会場のアナウンスが出るよりも早く、NHKの
    「フィギュアスケート 羽生結弦 金メダル」
    というテロップが出ました。
    (テロップ早!!)

    いや~、金メダル、本当に良かった。
    金メダルが取れるとは思わなかったのでよけいうれしいです。

    リンクには多数の日の丸。世界の舞台で見る日の丸は、なにかとても美しく見えるものです。
    日本から多くの応援が駆けつけていたんですね。
    これも羽生くんの心強い励みになった事でしょう。

    表彰台に上がった彼の笑顔がまた良かった。やっぱ、きらきらしていますね。
    衣装がまた一段ときれいに見えました。衣装についている宝石がきらきら、きらきら輝いて、とても綺麗で、テレビで見ていて幸せなひと時を過ごさせてもらいました。

    羽生くんの金メダルは、最近元気になってきた日本をさらに活性化し、日本を浮き上がらせる後押しをしてくれる事でしょう。

    おめでとう、羽生結弦くん!
    日本に金メダルを、本当ににありがとう!!



    関連記事

    テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース


    コメント


    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。