今後の日本経済を素人なりに考えます。
    経済に関する事を素人目で考察してみます。

    プロフィール

    ひーりん(heelin)

    Author:ひーりん(heelin)
    はじめまして。ひーりんです。
    男性。
    日本経済が今後どうなっていくのか興味がが有る、というか心配になって、いろいろな本やネットの情報を調べてみました。
    経済に関してはど素人ですが、好奇心だけで突き進んでみます!!^^;



    最新記事



    リンク



    タグ

    ロードバイク ハスラー 癒し レヴォーグ 自動車 スズキ_ハスラー 消費税 韓国 中国 世界経済 金融緩和 住宅ローン 金利 格差 教育 技術革新 野口悠紀雄 デフレ 雇用規制 QE 資本主義 ヘッジファンド アメリカ経済 バブル アベノミクス 経済 韓国経済 サムスン 需要 イノベーション 成長戦略 利子率革命 国債 反リフレ派 リフレ派 日銀 赤字 経常 円安 物価 株価 ポートフォリオリバランス効果 シグナリング効果 VARモデル 格差社会 景気 日本経済 円高 マネーストック マネタリーベース 



    月別アーカイブ



    カテゴリ



    検索フォーム



    RSSリンクの表示



    QRコード

    QR



    カウンター



    ブログランキング



    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    軽自動車 スズキ ハスラー買いました。

    妻が軽自動車を買い替えたいと言うので、スズキのハスラーを買いました。

    今まではダイハツのタントに乗っており、ターボ付だったので「軽なのに良く走るな~」と感心していたのですが、最近の軽はもっとすごい!

    驚きました。
    試乗してみると、音がすごく静か。そしてほんとに良く走ります!(試乗したのはターボ車でした。)
    タントを買ったのが2004年。
    タントでも十分満足でしたが、それに乗っていた10年弱の間にこんなに軽自動車が進化していたとは・・・、
    日本の技術はすごい!
    本当にそう思いました。

    驚いたポイント
    ①燃費の良さと、それを支える新技術
    ②装備の充実
    ③デザイン


    ①燃費の良さと、それを支える新技術について
    タントの燃費がカタログ値で17.6km/リットル、町乗りで10~12程度。

    「ターボだし、良く走るし、こんなもんかな」

    と思っていたのですが、ハスラーはカタログ値26.8km/リットル、町乗りでも20km/リットルくらいは行くというのです。

    なぜ、そんなに燃費が向上できたか。
    その秘密は大きくは2つです。

    技術1:アイドリングストップ機能

    減速時から燃料噴射を止めて節約。
    13km/h以下になるとエンジンを止める「アイドリングストップ」。
    最近の軽自動車には、アイドリングストップが普通に採用されているんですねー。


    技術2:エネチャージと呼ばれる再生エネルギー利用の技術

    これは、私はハイブリッド車の技術の応用(というか簡易版)のようなものだなと思いました。
    車にはいろいろな電装品が有ります。
    エアコンもそうですし、夜を照らすヘッドランプや、ウインカー、ブレーキランプ、室内ランプ、カーナビやオーディオ、エンジンをかける点火プラグ用にも電気が必要です。

    従来の普通の自動車は、走行中にエンジンが生み出す動力の一部を用いて発電し、バッテリーに電気を充電しています。
    つまり、エンジンを回す燃料の一部は発電機のダイナモを回すエネルギーに費やされ、厳密に言うと自動車の走り自体の抵抗にもなっています。

    エネチャージは、基本的に自動車の減速時のみに発電機を動かし、リチウムイオンバッテリーに充電し、その電気を上記に書いた電装品のエネルギーに使うというものです。
    走行時に発電機を回転する力が不要なので、抵抗が無くなり走りも良くなるというものです。
    効率よく充電できるリチウムイオンバッテリーが採用できるようになり、実現したものと思われます。

    なお、「エネチャージ」はスズキでの名称であり、似たようなシステムは最新の自動車であれば普通に採用されるようになっているとの事。
    特にマツダはリチウムイオンバッテリーでなく大容量キャパシタを世界初で採用し、非常に高い充電効率を実現し燃費が良いとの事です。
    (キャパシタとは大型のコンデンサのようなもので、電池とは異なる原理で電気を蓄えることができます。
    エネチャージ方式のマツダでの呼び名は「i-ELOOP」です。)

    ②装備の充実
    以前はオプション選択だったと思われる装備が、標準装備になっているものが多々あります。
    ・キーレスエントリー
    ・運転席シートヒーター
    ・レーダーブレーキサポート(5~30km/hの時に、衝突を回避できないと判断した時に自動ブレーキが作動する機能)
    その他、ここには書ききれない快適性能、安全性能が標準装備されています。
    (オプションにしてくれたら、見積もりをもっと安くできるのに・・・^^;)
    と思ったりもしましたが、①でも書いた低燃費とこれらの豪華な標準装備が入っている事を改めて考えると、すごく割安だな、と考えている今日この頃です。(うれる訳だ。^^)

    ③デザインについて
    デザインについても良く考えられています!
    実は、車はデザインはとても重要だと思います。
    韓国のKIA自動車が、カッコいいデザインで、世界的にすごく売り上げを伸ばした話が有ります。
    ヨーロッパ車(アウディーやフォルクスワーゲン)のデザインを手がけたデザイナーであるペーター・シュライヤーがKIAのデザイン責任者となり、一新しました。
    (ちなみにペーター・シュライヤーは2012年12月以降、起亜自動車の社長 兼 現代自動車グループ最高デザイン責任者になっています。)

    ハスラーのデザインは、スズキの日本人がチームとなって行ったようです。
    でも、色使いなども工夫して、嫌味の無いオシャレ感を出すことに成功していると思います。

    単色だと・・・
    ハスラー グリーン
    地味でおとなしい感じですよね。

    ツートンにして・・・
    ハスラー オレンジ
    とてもオシャレ感が出ています!

    赤と黒のツートン。
    ハスラー レッド
    このバージョン、すごく人気が有るそうです。
    私がハスラーを買ったディーラーの営業マンが言っていました。
    この色は、ちょっと高級感が出ますよね。万人受けする感じ。
    最初は赤と黒を買おうと思ったんですが、これがたくさん出たと聞いて、他の色にしようと思いました。

    そこで、私が買ったのは・・・
    ハスラー ピンク
    ピンクと白のツートンです!(妻の車ですし^^;)
    この色、見れば見るほど気に入りました。
    味が有るんですよね。さわやかで、楽しくて、元気が出る感じ。
    ※上の写真は、スズキ ハスラーのカタログページから引用させていただきました。

    他にもいろいろな色が有りますが、詳しくはハスラーのカタログのページへ。
    http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/


    気になるお値段はというと・・・

    私が買ったのは、Gターボというグレード。
    妻のタントは妻のお父さんにあげて、妻のお父さんが乗っていた平成6年式(20年もの!)のカローラを下取りに出して、スズキの営業マンががんばってくれて、オーディオレスで、134万円になりました。(カーナビなどはオートバックスで付けようかと。)

    納車まで2ヶ月くらいかかると言われました。
    でも、すごく楽しみです!

    日本の最新の自動車はすごい!
    本当にそう思いました。

    世界に誇れる技術とコストパフォーマンスだと思います。
    世界中で日本の車がばんばん売れて、日本経済が上向いて行くだろうということを現実味を帯びて感じている今日この頃です。^^




    おまけ:ネットを利用したハスラー購入について

    ところで、私は事情が有り近くのディーラーで急いで買いましたが、ネットを利用すれば最大限お得に購入する事もできるみたいですね。

    一番は、今自分が乗っている車を高く売ること、と良く言われます。
    ディーラーに安易に下取りに出すと安値にされる事も多いのだとか。
    (私の場合は20年もののカローラをディーラーが5万円弱で買ってくれたので、それで満足しましたが・・・)

    ネットで複数の下取りの見積もりも比較的簡単に無料で取れるみたいですので、一番高くなった下取り見積もりを持って、ディーラーとも交渉されるのが賢いのかも知れません。
    ↓下記サイトで、無料で複数の買取査定が可能です。
    車選び.com

    それと、買うときは何件もディーラーを回って相見積もりを取るのが望ましいですが、それも同じグレード、同じオプションのものをネットで入手すると楽だとの事。
    ↓このサイトからも無料で見積もり可能ですよ。お得に買うための参考にして下さいね。
    ネットで新車見積!簡単・快適にクルマを買うならオートックワン!

    興味が有ったので実際に概算見積もりを取ってみました。
    このオートックワンと提携している、最寄りのディーラーからメールで連絡が来ます。
    私の場合、隣の市のとあるディーラーからメールが来ました。
    来た見積もりは、私がディーラーと交渉したよりも実際もっと安くなる可能性が秘められたものでした。
    見積もりを取る際、Gターボのグレードを、ピンクと白のツートン、カーナビ・バックカメラ無し、ETC無し、フロアマット無し、ボディーコート無し、その他オプション無しでお願いしました。

    すると、ディーラーで価格交渉して購入した価格とほぼ同等の価格を一発で出してくれました。

    納車を取りに行く前提で陸送費用などを無しにしてもらう交渉などをすれば、もっと安くなると思いました。

    その他下記のような提案が有ったり・・・
    ---------------------------------------------------------------------------------------------
    当店ではDVD再生機能付きのケンウッドL300純正定価106470円
    バックカメラセット純正定価3万円合計13万円が5万円引きの
    8万円でお取り付け可能です

    ナビがワンセグDVD再生機能付きご希望ですと
    プラス1万円で ケンウッド最新DVD再生機能ナビL300

    フルセグDVD再生機能付きご希望ですと
    プラス2万円で クラリオンNX702又はNX403又エクリプスAVNG03

    プラス3万円でケンウッドL500又パイオニア楽ナビ AVIC-MRZ09II又パナソニック ストラーダ CN-S310D

    HDDフルセグナビご希望ですと
    プラス6万円でパイオニアカロッエリアサイバーナビAVIC-ZH0007又パナソニックストラーダ CN-H510Dを取り付け可能です
    ---------------------------------------------------------------------------------------------

    ・・・
    私はオーディオレスにして、オートバックスでカーナビその他をつける事にしましたが、このお店でいろいろオプションまで検討した方が総額はかなり安くできた気がします。
    ※お住まいによって紹介されるショップが異なると思いますので参考程度にして下さい。

    ま、最も近いディーラーのほうが何かと安心だし・・・、と自分を納得させている今日この頃です。(><)

    ネットで新車見積!簡単・快適にクルマを買うならオートックワン!


    ハスラーのフロアマットは純正だと1万3千円くらい。
    実は、ネットでの購入が安いしおしゃれです。


    関連記事

    テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク


    コメント


    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。