今後の日本経済を素人なりに考えます。
    経済に関する事を素人目で考察してみます。

    プロフィール

    ひーりん(heelin)

    Author:ひーりん(heelin)
    はじめまして。ひーりんです。
    男性。
    日本経済が今後どうなっていくのか興味がが有る、というか心配になって、いろいろな本やネットの情報を調べてみました。
    経済に関してはど素人ですが、好奇心だけで突き進んでみます!!^^;



    最新記事



    リンク



    タグ

    ロードバイク ハスラー 癒し レヴォーグ 自動車 スズキ_ハスラー 消費税 韓国 中国 世界経済 金融緩和 住宅ローン 金利 格差 教育 技術革新 野口悠紀雄 デフレ 雇用規制 QE 資本主義 ヘッジファンド アメリカ経済 バブル アベノミクス 経済 韓国経済 サムスン 需要 イノベーション 成長戦略 利子率革命 国債 反リフレ派 リフレ派 日銀 赤字 経常 円安 物価 株価 ポートフォリオリバランス効果 シグナリング効果 VARモデル 格差社会 景気 日本経済 円高 マネーストック マネタリーベース 



    月別アーカイブ



    カテゴリ



    検索フォーム



    RSSリンクの表示



    QRコード

    QR



    カウンター



    ブログランキング



    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    消費税は、インボイスが無いと不公平が起こるみたいです。

    消費税は、消費を行う人々が公平に支払う税金だと言われますが、実は日本の方式には歪みが有るようです。

    それは、インボイスが無い事がそうさせるとの事。

    日本の消費税は、ヨーロッパの付加価値税がお手本とされています。

    付加価値税をそのまま導入すると、「累積課税」という問題が生じます。その不都合を解決するためのものが「インボイス」であり、ヨーロッパの付加価値税にはインボイスが用いられており、公平な税の徴収に一役買っているのです。

    ※インボイスとは、金額の内訳を示す明細であり、その金額の内の税金がいくらかわかるようにした書類です。ヨーロッパの場合、「VAT」というところに税金が書いて有ります。(VAT=Value Added Tax:付加価値税)
    付加価値税のインボイス


    インボイス無し、累積課税の控除無しの取引にどのような問題があるかシミュレーションしてみましょう。

    まず、わかりやすく消費税が無い場合。
    ①販売会社が仕入れ業者から1000¥で材料を買う。
    ②販売会社は利潤10%を付加し、1100¥で販売する。
    ③消費者は、1100¥で購入する。

    これが、消費税5%が加えられた場合
    ①販売会社が仕入れ業者から消費税込みで1050¥で材料を買う。
    ②販売会社は利潤10%を付加し、1155¥で販売したい。
    ③消費者は、1155¥の販売金額に、5%の消費税を上乗せし、1212¥で購入しなけらばならない。

    上記のように単純に考えても、消費税無しの場合に1100¥で買えたものが、消費税5%を考えると1212¥に金額が跳ね上がっています。
    1100¥ → 1212¥ ・・・約10%も価格が跳ね上がっており、税金が累積課税されている事がわかります。
    このように単純な取引でさえ金額が跳ね上がるのですから、実際の複雑な取引では上がり方はもっとすごい事になるでしょう。

    インボイスが有る場合下記のようになります。
    ①販売会社が仕入れ業者から販売価格+消費税で1050¥で材料を買う。(そのうち50¥は税金という事がインボイスでわかる。)
    ②販売会社は税金以外の1000¥に利潤10%を付加し、1100¥で販売したい。
    ③消費者は、1100¥の販売金額に、5%の消費税を上乗せした1155¥と、インボイスの50¥を追加した1205¥で購入する。
    ④そのインボイスが有れば、その製品の前段階の税金を還付する事ができ、消費者は実質1155¥で品物を手に入れることができる。

    つまり、その品物の前段階までの納税金額が明確になりそのインボイスを持っている事によってそれを還付する事ができ、インボイスは金券と同じような意味を持つようになります。
    1100¥で購入できていたものが、1155¥で手に入る・・・つまり、この場合正確に5%アップで手に入っています。

    今の日本のやり方は、インボイスが無くても仕入れ段階の税金は5%支払ったものと見なされ、一律5%の還付が行われて運用されています。
    この場合の問題点は、免税業者、もしくは脱税が有った場合でも仕入れに対しても5%の還付が行われ、不当な控除がされる不公平が起こります。

    日本の消費税は、インボイスが無いという不透明さから、歪み(=お金が残らない人とお金が残る人の差。あるいは儲かる会社と儲からない会社)が増える構造になっており、それは5%という税率が増えるにつれ問題が大きくなって行きます。
    関連記事

    テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済


    コメント


    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。