今後の日本経済を素人なりに考えます。
    経済に関する事を素人目で考察してみます。

    プロフィール

    ひーりん(heelin)

    Author:ひーりん(heelin)
    はじめまして。ひーりんです。
    男性。
    日本経済が今後どうなっていくのか興味がが有る、というか心配になって、いろいろな本やネットの情報を調べてみました。
    経済に関してはど素人ですが、好奇心だけで突き進んでみます!!^^;



    最新記事



    リンク



    タグ

    ロードバイク ハスラー 癒し レヴォーグ 自動車 スズキ_ハスラー 消費税 韓国 中国 世界経済 金融緩和 住宅ローン 金利 格差 教育 技術革新 野口悠紀雄 デフレ 雇用規制 QE 資本主義 ヘッジファンド アメリカ経済 バブル アベノミクス 経済 韓国経済 サムスン 需要 イノベーション 成長戦略 利子率革命 国債 反リフレ派 リフレ派 日銀 赤字 経常 円安 物価 株価 ポートフォリオリバランス効果 シグナリング効果 VARモデル 格差社会 景気 日本経済 円高 マネーストック マネタリーベース 



    月別アーカイブ



    カテゴリ



    検索フォーム



    RSSリンクの表示



    QRコード

    QR



    カウンター



    ブログランキング



    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    藤巻健史氏が考える、国債暴落のいくつかのシナリオ(その3) 日銀の買いオペ増額

    藤巻氏が考える国債暴落のシナリオ「その3」です。

    その3.日銀の買いオペ増額をきっかけとするもの
    その3は、日銀の国債買い取り額が増加すると金利が上昇、またジャブジャブになったお金がハイパーインフレを起こすという藤巻氏の主張です。

    現在、異次元金融緩和策として国債買い取りが増額され、実際に長期金利が上昇気味です。

    今、藤巻氏の「日本破綻 その日に備える資産防衛術」を読み返している訳ですが、この本が書かれたのが約3年前。日銀が大規模な金融策を行う前です。

    その当時も、「日銀が市場から購入する国債の額を増やせ。増やせば長期金利が低位安定し、国はもっと借金できる。財政破綻の危機が遠のく。」という主張が多かったようです。

    しかし藤巻氏はその当時から、マネーサプライの上昇により将来のインフレが予測されるなどの理由で、長期金利が上昇するだろうと予測していました。80年代のアメリカで同様の例が有った、という事を根拠にしています。このあたりはさすが、経験豊富な一面が感じられます。

    累積赤字が極大化している状況で、「日銀の国債買いオペ増額」のニュースが、当局の意図とは反対に国際価格暴落の引き金になる可能性が有る

    ・・・・ちょっと飛躍的ですが、これは藤巻氏の直感的・感覚的な感性から出てくる言葉と思います。
    そして、「お金がじゃぶじゃぶになると、ハイパーインフレが起こる」・・・これもどのような経緯でそうなるのかは説明が無いので、藤巻氏の感覚的な言葉のような気がします。藤巻氏の他の文献を調べれば、ひょっとしたら深い考え・理論が見つけられるのかも知れませんが、私の印象としては藤巻氏は 過去の経験+直感、で考えるタイプの人間だと感じます。

    しかし、それがしばしば当たる。(そしてしばしば外れる・・・^^;)

    ところで、金融緩和を行うと長期金利が上昇する現象は以前このブログでも考察した論文

    「量的緩和政策―2001年から2006年にかけての日本の経験に基づく実証分析―」

    の中でも緻密に研究され、シミュレーションでそのようになる事が予言されていました。
    また、なぜ長期金利があがるのかのいくつかの推測についても、このブログの他の記事で考察しました。

    ↓「量的金融緩和での様々な現象。株価上昇、長期金利上昇の理由とは。」
    http://heelin.blog.fc2.com/blog-entry-22.html

    現実に起こっている事を見ても、金融緩和で長期金利が上昇する事は事実のようです。
    大規模な金融緩和になれば、金利上昇もそれだけ大きく上がってしまうのか?その問いの答えはまだ見つけられていないのですが、壮大な実験と言われる異次元金融緩和策が長期金利の同行に及ぼす影響・・・今後何が起こるか読めない部分が多そうです。

    不気味さを感じずにはいられませんよね・・・。
    関連記事

    テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済


    コメント


    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。