今後の日本経済を素人なりに考えます。
    経済に関する事を素人目で考察してみます。

    プロフィール

    ひーりん(heelin)

    Author:ひーりん(heelin)
    はじめまして。ひーりんです。
    男性。
    日本経済が今後どうなっていくのか興味がが有る、というか心配になって、いろいろな本やネットの情報を調べてみました。
    経済に関してはど素人ですが、好奇心だけで突き進んでみます!!^^;



    最新記事



    リンク



    タグ

    ロードバイク ハスラー 癒し レヴォーグ 自動車 スズキ_ハスラー 消費税 韓国 中国 世界経済 金融緩和 住宅ローン 金利 格差 教育 技術革新 野口悠紀雄 デフレ 雇用規制 QE 資本主義 ヘッジファンド アメリカ経済 バブル アベノミクス 経済 韓国経済 サムスン 需要 イノベーション 成長戦略 利子率革命 国債 反リフレ派 リフレ派 日銀 赤字 経常 円安 物価 株価 ポートフォリオリバランス効果 シグナリング効果 VARモデル 格差社会 景気 日本経済 円高 マネーストック マネタリーベース 



    月別アーカイブ



    カテゴリ



    検索フォーム



    RSSリンクの表示



    QRコード

    QR



    カウンター



    ブログランキング



    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    「リフレはヤバい」の小幡氏が説明する、円安による国債暴落シナリオ

    小幡績氏の「リフレはヤバい」、読んでみました。
    この本の中でも、国債暴落のシナリオについて説明されていました。

    まず、ご存知のように、現在アベノミクスの流れで円安の流れが進んでいます。
    小幡氏は、この円安の流れがこのまま進むと大変危険だと警告します。行き過ぎた円安が国債価格の下落を引き起こし、混乱を招く事になると。

    ではなぜ円安が、国債価格の下落を招くのか。

    ・ドルベースで投資を考えると、円安自体が国債価格の下落である。1ドル80円の時に、1万円の国債は125ドルだが、1ドル100円になれば100ドルになり、20%の値下がりになる。10年国債の金利が0.8%なら10年でやっと8%の金利なのに、円安によって2.5倍もの損が一気に出てしまう。80円が100円になる事が見込まれるなら、すぐに売らなければならないという事である。
    ・上記のようにドルベースで考えれば、日本国債を売って米国債に乗り換える動きが出る。多くの人がこの動きになり、日本円ベースで考えても国債の価格が下落する。(金利が上昇する。)
    ・負のスパイラルが起こり、国債が暴落していく。

    この様なシナリオです。
    外国人投資家が上記の動きを行うのは自然なのかも知れません。国債の保有率の中で外国人投資家は1割程度ですから、そこまで行くのかな?という気もしますが、今はグローバルな世界なので日本の投資家・金融機関もドルベースで考えて、上記の動きになるという事ですかね。本当なら恐ろしいです。

    ちなみに、国債の暴落とは価格の急落であり、金利の急上昇です。

    国債の1%の金利が3%に上がったらどうなるか。前回、野口氏の試算で、1%の増加なら0.617兆円の利払いの増加、3%であればその3倍の利払いの増加という話をしました。意外と利払い増加の金額は少ないな、という印象でした。

    しかし小幡氏は、国債の金利上昇が起こった時の、銀行全体の国債保有に対する含み損を試算しています。
    それによると、金利が1%から3%に上昇した時には10兆円の毀損が発生してしまうとの事。

    銀行の、毀損10兆円はすごい額です!

    利払い増加というより、こちらのほうが大問題なんですね。
    これによって、銀行は100兆円前後の試算を減らさなければならなくなるらしく、融資を減らす事で解決しようとすれば貸しはがし(=貸したお金を無理やり回収しようとする事)が発生するだろう、という事です。

    政府がこれを救済するために国債を発行して資金を調達しようと思っても、国債の価格が暴落して資金も調達できない。

    まさに負のスパイラルです。

    円安が行き過ぎると国債の金利が上がって、本当に上記の事が起こるのでしょうか。
    深刻です・・・。

    しかしやはり、国債の金利動向には今後も注視していく必要が有りますね。

    関連記事

    テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済


    コメント


    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。