今後の日本経済を素人なりに考えます。
    経済に関する事を素人目で考察してみます。

    プロフィール

    ひーりん(heelin)

    Author:ひーりん(heelin)
    はじめまして。ひーりんです。
    男性。
    日本経済が今後どうなっていくのか興味がが有る、というか心配になって、いろいろな本やネットの情報を調べてみました。
    経済に関してはど素人ですが、好奇心だけで突き進んでみます!!^^;



    最新記事



    リンク



    タグ

    ロードバイク ハスラー 癒し レヴォーグ 自動車 スズキ_ハスラー 消費税 韓国 中国 世界経済 金融緩和 住宅ローン 金利 格差 教育 技術革新 野口悠紀雄 デフレ 雇用規制 QE 資本主義 ヘッジファンド アメリカ経済 バブル アベノミクス 経済 韓国経済 サムスン 需要 イノベーション 成長戦略 利子率革命 国債 反リフレ派 リフレ派 日銀 赤字 経常 円安 物価 株価 ポートフォリオリバランス効果 シグナリング効果 VARモデル 格差社会 景気 日本経済 円高 マネーストック マネタリーベース 



    月別アーカイブ



    カテゴリ



    検索フォーム



    RSSリンクの表示



    QRコード

    QR



    カウンター



    ブログランキング



    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2013年1~3月期は異次元金融緩和でも物価上昇なし。しかし実質GDPは飛躍的に成長。

    「量的緩和政策―2001年から2006年にかけての日本の経験に基づく実証分析―」の論文では、量的金融緩和では物価が上昇しないことが分析されています。

    安部政権になり、異次元金融緩和が唱えられ円安株高が進んだ2013年1~3月期の、物価指数(GDPデフレーター)は、前期の0.2%から0.5%から逆に下落してしまっています。やはり論文が予言しているとおり、物価上昇というのは簡単では無いんですね。

    しかし!
    1~3月期の実質GDP成長率は、前期比で年率換算で3.5%に達しているとの事です!これはかなりすごい数字です。

    成長の中身は下記です。(前期比の年率換算)
    輸出    : 16.1%
    住宅    :  7.9%
    家計消費 :  3.7%
    設備投資 :-2.6%

    円安がかなり輸出を伸ばしているようです。効果絶大ですね。
    住宅が伸びているのは、将来の景気回復で金利上昇や不動産価格上昇を予測した消費者の買いが増えたものでしょう。
    家計消費は、株高で潤った人々が消費に回ったのかもしてません。
    企業の設備投資がマイナスですが、1~3月というのは1年の中で設備投資への動きが最も少ない時期と聞いたことが有ります。

    論文では、
    金融緩和株価を上昇させ、その効果で生産高を増加させる」
    という手順でしたが、今起こっているのは、
    金融緩和で円安になり輸出が飛躍的に上昇。株高や景気回復への期待から住宅や家計消費も伸びている。」
    という感じです。

    また、論文では、
    株価上昇に遅れて生産高の増加が起こる」
    とされていましたが、今回は株価上昇とともに生産高の増加も同時に起こった、と言えそうです。
    このまま生産高の増加が続けば、つられて緩やかな物価上昇に導かれて行くのかもしれません。

    先週は株価の乱高下も有り今後がちょっと心配ですが、これまでのところ経済への良い効果があった事は間違いは無いようです。今後も経済の良い循環が続いてくれたら良いのですが。

    関連記事

    テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済


    コメント


    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。