今後の日本経済を素人なりに考えます。
    経済に関する事を素人目で考察してみます。

    プロフィール

    ひーりん(heelin)

    Author:ひーりん(heelin)
    はじめまして。ひーりんです。
    男性。
    日本経済が今後どうなっていくのか興味がが有る、というか心配になって、いろいろな本やネットの情報を調べてみました。
    経済に関してはど素人ですが、好奇心だけで突き進んでみます!!^^;



    最新記事



    リンク



    タグ

    ロードバイク ハスラー 癒し レヴォーグ 自動車 スズキ_ハスラー 消費税 韓国 中国 世界経済 金融緩和 住宅ローン 金利 格差 教育 技術革新 野口悠紀雄 デフレ 雇用規制 QE 資本主義 ヘッジファンド アメリカ経済 バブル アベノミクス 経済 韓国経済 サムスン 需要 イノベーション 成長戦略 利子率革命 国債 反リフレ派 リフレ派 日銀 赤字 経常 円安 物価 株価 ポートフォリオリバランス効果 シグナリング効果 VARモデル 格差社会 景気 日本経済 円高 マネーストック マネタリーベース 



    月別アーカイブ



    カテゴリ



    検索フォーム



    RSSリンクの表示



    QRコード

    QR



    カウンター



    ブログランキング



    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    ゴルフレッスン ・・・ フックの直し方





    ゴルフに最適な季節が来ましたね。

    私もそろそろ練習しなきゃ、という事で最近練習しています。

    今日、練習したら、私の悪い癖のフックが強烈に出てしまう。しかも、やればやるほどひどくなる一方。

    焦った私はスマホで対処方法を検索。試してみるも逆にシャンクが出たり、悪化する一方でした。

    しかし、意外な方法でまっすく飛ぶボールが出るように。忘れないように、今日やった方法をブログにアップしておきます。


    今日は待ちに待った週末。

    ゴルフの打ちっぱなしに行く事を楽しみにしていた私は、朝食を終えいそいそと練習場に出かけました。

    先週の練習はなんかいい感じだったので、それを再現しようと意気込んで打ち始めたのですが・・・

    あれ?アイアンで打つと、上の番手も下の番手もフックばっかり。

    先週と同じように打っているつもりなのに、どフックがひどくなる一方。

    「こんなんじゃ、コースに出たらOBだらけだ・・・」

    先週の打ち方をあきらめた私は、フックの直し方をネットで調べてみる事に。


    ①フックが出る人はまずグリップを見直すべし。

    ネットの記事にそうありました。フックが出る人はストロンググリップになっている人が多いと。

    ボールを打つ際に手首が返りやすく、フェースが閉じやすくフックが出るんだと。

    なるほど、私もストロンググリップです。逆のウィークグリップにして打ってみる事にしました。

    しかしだめ!私の場合、グリップを変えてもフックは治らず、グリップの問題ではなさそうでした。


    ②フックが出る人は手首の角度が一定になるように注意すべし

    スイング中に手首の角度が変わるとフェースが閉じ、フックがでやすいと。

    ドリルとして、まず立って、左手だけを前に出し、目の前に机が有るとイメージする。

    左手でその机の上を雑巾がけするイメージで、その手をそのままスイングさせる。

    クラブを持って、そのイメージで手首の角度を変えないようにスイングを行う。

    しかしこれもだめ!私の場合、フックが治るどころかまともにボールが前に飛ばなくなり、シャンクも出始め、絶望感が漂いました・・・。(汗)


    続けていると、心身ともにぼろぼろになってきました。

    ゴルフって、うまく行っているときはすごく気持ちいいんですが、うまく行かなくなると気持ちが重~くなってしまう事が有るんですよね。

    今日はそんな感じで、「だめだ・・・もう帰ろうかな・・・」

    そう考えていました。


    でもなんとなく、「距離がでなくてもいいから力を抜いてまっすぐ飛ばす事だけ考えてスイングしてみよう」、こう考えて打ってみました。

    力を抜いて、そっとクラブを上げ、そっと下して真っすぐ飛ばす。(右わき、左わきがしまったままスイングする事が重要です。)

    そうすると距離は出ませんがまっすく飛んでくれます。

    そうか・・・これか!

    そうしているうちにフックしていた原因、まっすく飛ばす方法がわかってきました。


    フックする原因は、単純ですが、力みのせいでした。

    インパクトの瞬間に握る力、手首にすごい力が入り、肩もがちがち、右手で押し込んで、思いっきりフックさせていた自分の姿が自分でイメージできるようになりました。

    ゆっくり振って、距離は出なくても良いからまっすぐ飛ばそう・・・そうする事によってインパクトの瞬間の力みが無く、肩の力も抜け、まっすく飛ぶようになったのです。

    あと、もう一つポイントが有りました。

    以前本で読んだのですが、「背骨の、上から数えて7番目の骨を支点にしてスイングするイメージを持ちましょう」

    という事と、力を抜いてスイングする事を組み合わせると、すごくスムーズにスイングできるんです。

    腕の力を抜いて・・・体の軸を中心に、腕には力が入らず鞭のように・・・しならせてヘッドを走らせて打つ・・・そんなイメージにできるんです。


    力を抜いているんですが、何かヘッドが走るようになり、芯を食ってそこそこ飛ぶようになったんです。しかもまっすぐに。


    「気持ちいい・・・」


    ちょっと前には絶望感に暮れていた私が、ボールが芯を食って青空にまっすく吸い込まれていく快感を味わえるようになっていました。

    崖っぷちで、ちょっとした思いつきに救われた感じでした。


    力みは最大の敵。特にフックに困ったときは、距離は出なくても力を抜いてまっすく飛ばす事だけを考えてスイングしてみよう!

    という、教訓でした。



    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。