今後の日本経済を素人なりに考えます。
    経済に関する事を素人目で考察してみます。

    プロフィール

    ひーりん(heelin)

    Author:ひーりん(heelin)
    はじめまして。ひーりんです。
    男性。
    日本経済が今後どうなっていくのか興味がが有る、というか心配になって、いろいろな本やネットの情報を調べてみました。
    経済に関してはど素人ですが、好奇心だけで突き進んでみます!!^^;



    最新記事



    リンク



    タグ

    ロードバイク ハスラー 癒し レヴォーグ 自動車 スズキ_ハスラー 消費税 韓国 中国 世界経済 金融緩和 住宅ローン 金利 格差 教育 技術革新 野口悠紀雄 デフレ 雇用規制 QE 資本主義 ヘッジファンド アメリカ経済 バブル アベノミクス 経済 韓国経済 サムスン 需要 イノベーション 成長戦略 利子率革命 国債 反リフレ派 リフレ派 日銀 赤字 経常 円安 物価 株価 ポートフォリオリバランス効果 シグナリング効果 VARモデル 格差社会 景気 日本経済 円高 マネーストック マネタリーベース 



    月別アーカイブ



    カテゴリ



    検索フォーム



    RSSリンクの表示



    QRコード

    QR



    カウンター



    ブログランキング



    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    アメリカ金融緩和(QE3)縮小延長で金利低下。住宅ローン借り換えにチャンス到来!



    最近興味が有るのが、住宅ローンの借り換えです。

    最初は変動金利で借りていたんですが、何が起こるかわからない世の中なので、2年くらい前に固定金利に変えました。

    というのは、日本財政が破綻して万が一ハイパーインフレみたいな事が起こると、変動金利で借り入れしている場合すさまじい金利上昇によって一気に破綻です。

    一方、もしも固定金利で借りていれば上記のような場合でも金利は変動の影響を受けず、逆にお金の価値が下がるので借金の価値も下がるというメリットも出てきます。

    ところで、アメリカの金融緩和(QE3)の縮小が先延ばしされ、日本の長期国債の金利が下がりましたね。
    ------<長期金利>低下 一時0.685% 毎日新聞 9月19日(木)13時7分配信------
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130919-00000057-mai-brf

    これはチャンスです。
    長期固定の住宅ローンの借り換えを検討してみたんですが、ネットで人気ランキングを調べてみたら新生銀行のプランが人気ナンバーワンでした。
    私の場合、35年長期固定に借り替えた場合150万円くらいのメリットが、30年長期固定の借り換えの場合430万円くらいのメリットが有りました。
    -----住宅ローン借り換え比較ランキング-----
    http://karikaeloan.jp/

    住宅ローンを選ぶ際には、いろいろポイントが有るみたいです。
    ・保証料が無料である事
    ・繰り上げ返済が無料でできる事
    ・疾病保証付きがお得
    ・コンビニATMや他銀行振り込みが無料
    などなど。

    その中で一番お得なのが新生銀行なんだと。

    私は別に新生銀行の回し者では無いのですが、真剣にこの銀行で借り換えを検討しようと思っています。^^

    P.S.
    ちなみに、借り換え検討の有効性については下記記事も参考になります。
    -----金利が高い、固定に…住宅ローン借り換えの見極め 第15回 ファイナンシャルプランナー・花輪陽子 2013/4/11 7:00 -----
    http://www.nikkei.com/money/savings/survival.aspx?g=DGXNMSFK0902K_09042013000000






    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済


    消費税増税とローン金利・住宅購入タイミングについて

    消費税が上がりそうですが、住宅ローンの金利はどうなるのでしょうか。気になります。

    消費税が上がると景気が悪くなって金利が下がるなんて話と、いやいや東京オリンピックも決まったし金利は上がって行くよ、という話も有ります。

    家の購入や住宅ローンの借り換えは、消費税が上がる前に決行したほうが良いのかどうなのか・・・

    ネットの記事を調べてみました。

    http://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/shouhizei/kinri.html/

    まず、今後の金利については、この記事によると・・・
    ・現在の金利は史上最低レベルであり、今後上がるしかない
    ・金利が上昇する時には短期間で一気に上昇するので注意が必要

    http://realestate.yahoo.co.jp/docs/tax_increase/index05.html

    では、増税後の住宅ローン減税との絡みはどうなのでしょう。
    消費税アップ後の住宅ローン減税で戻ってくる金額はMAX400万円という前提から考えると・・・

    ・都心の1億円をはるかに超えるマンションの場合、増税後の負担は500万円以上アップ。増税前に買うべき。

    ・MAX400万円の減税を受けるには、10年後の借り入れ残高が4000万円以上なければならない。借り入れ元本が比較的すくない場合は増税前に買うべき。

    ・例えば、6000万円のマンションを頭金1200万円・借り入れ4800万円で購入し10年後も借り入れ残高が4000万円以上あるようにするなら、住宅ローン減税でMAXの400万円が戻る。これに対して、消費税増税による負担増はせいぜい100万円程度なので、ローン減税とで差し引き300万円の得になり、増税後に購入したほうが良い。
    ※上記サイトにはこう書いてありますが、返済プランにもよりますがこの例で言うと10年後に借り入れ残高が4000万円にならない気がしますし、消費増税による負担増は6000万円×UP分3% なら 180万円ですし、何か間違っている気がします。

    いろいろ記事を見ると、金利はいづれ上がると思われますし増税後の住宅ローン減税で得をするのは特殊な場合と思われ、増税前に家を購入するほうが良いと思われます。

    また、アメリカのQE3の縮小が見送られた事で日本の長期国債の金利が下がりました。

    つられて住宅ローンの金利も下がりますから、家の購入、住宅ローンの借り換えも、今がチャンスと言えるのではないでしょうか。

    関連記事

    テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。