今後の日本経済を素人なりに考えます。
    経済に関する事を素人目で考察してみます。

    プロフィール

    ひーりん(heelin)

    Author:ひーりん(heelin)
    はじめまして。ひーりんです。
    男性。
    日本経済が今後どうなっていくのか興味がが有る、というか心配になって、いろいろな本やネットの情報を調べてみました。
    経済に関してはど素人ですが、好奇心だけで突き進んでみます!!^^;



    最新記事



    リンク



    タグ

    ロードバイク ハスラー 癒し レヴォーグ 自動車 スズキ_ハスラー 消費税 韓国 中国 世界経済 金融緩和 住宅ローン 金利 格差 教育 技術革新 野口悠紀雄 デフレ 雇用規制 QE 資本主義 ヘッジファンド アメリカ経済 バブル アベノミクス 経済 韓国経済 サムスン 需要 イノベーション 成長戦略 利子率革命 国債 反リフレ派 リフレ派 日銀 赤字 経常 円安 物価 株価 ポートフォリオリバランス効果 シグナリング効果 VARモデル 格差社会 景気 日本経済 円高 マネーストック マネタリーベース 



    月別アーカイブ



    カテゴリ



    検索フォーム



    RSSリンクの表示



    QRコード

    QR



    カウンター



    ブログランキング



    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    有機EL戦争に敗北の韓国サムスンは衰退するのか?

    日本の家電メーカーの強大なライバルであるサムスン。

    情報を集めると、どうもサムスンは衰退に向かっているように思われます。


    これまでサムスンは世界的なブランドにのし上がり、大繁栄を遂げました。

    その秘密の一つに、宣伝・広告のうまさが有ったとか。

    売上高の3%を広告費に使っていると言われていますが、2012年の広告費は90億ドルにのぼり、2011年よりも38%増とのことでした。

    「世界での宣伝のうまさがサムスンに一流のイメージを根付かせた」

    とも言われています。


    しかし一方、メーカーにとって一番大事なはずの「技術」の衰退が言われるようになっています。

    韓国内では、「技術はLGの方が上」という事が今では一般的に言われるようになり、また価格もLG製品のほうが安いので人気が有ります。

    逆に言うと、性能が低くて価格が高くても、これまではサムスンのブランドの力によってなんとか売れていた、という一面も有ったようです。


    しかし、実際にその技術力の差がどんどん開いてきており、それがサムスンの今後の将来に影響していきそうな感じです。

    大型有機ELテレビの市場投入はLGに先を越されてしまいました。
    ---「サムスンに勝った」有機ELテレビ発売に沸くLG  日経新聞 2013/1/17 記事---

    下記のような記事も。
    ---LGの有機EL技術盗んだ疑いでサムスンに家宅捜索 ギズモード・ジャパン 2013/4/13 記事---

    更に。
    ---サムスン、当分UHDテレビに尽力…OLEDテレビはLGとの特許紛争が憂慮 中央日報/中央日報日本語版 2013/4/22 記事---

    また、先日ソウルで行われた展示会では、LGが出品した有機ELは画面がとても薄く、また内側にカッコよく曲げられた流線型でありスポーツカーをイメージさせるような美しい形状でしたが、サムスンのものは画面が分厚く、有機ELの曲げられる特性を生かして内側に曲がってはいるものの、ただ曲げただけ、という印象のものだったとの事。

    どうも、LG のほうが良いみたいです。

    両者の有機ELテレビの画像を添付します。

    まずサムスンの有機ELテレビ。

    サムスン有機ELテレビ正面

    サムスン有機ELテレビの厚さ



    次に、LGの有機ELテレビ

    LG.jpg

    LG THICKNESS

    DSC02857.jpg
    スピーカー部分がかっこいいです。


    LGのほうが厚さが薄く、デザインが洗練されています。



    液晶テレビの次の手として力を入れていたサムスンの有機ELテレビはイマイチのようです。

    また、これまで稼ぎ頭だった携帯電話もギャラクシーS4の売れ行きが鈍ると観測され、株価が大きく下がっています。

    どう見ても勢いの衰えを感じずにはいられません。
    ・サムスンは技術力が弱い
    ・サムスンはこのままだとだめになっていく


    ・・・韓国では数年前からこのようにささやかれていたのですが、これが現実のものとなっていきそうです。

    なぜこのようになってしまったか。

    よく、日本ではサムスンを賞賛する本などに、サムスンのやり方はボトムアップの方式であって、下からの提案型なので会社が強い、というような記述があるのですが、実情は強烈なトップダウン方式だと思われます。

    上からの命令は絶対で、成果が出なければクビにされる。社員の仕事へのモチベーションは恐怖心から来ている印象です。

    実際、毎年年末の人事発表では、成果を出していない専務が次々とクビにされています。

    年末でなくても誰かがクビになった・・・という話はたびたび有る様で、先日も有機ELの専務がクビになったとか。

    恐怖心からのモチベーションでは、新しい発想、良い発想が生まれにくいのでしょうかね。

    とくにトップダウン型では創造力が枯渇しがちなのでは。ボトムアップ型でなければ、意外でおもしろい発想が出にくいのではないでしょうか。(最近のアップルにも似たような傾向を感じます。)

    それに、サムスンのようにあまりにもたやすく社員をクビにすると、技術の伝承という点で支障がでて、技術力が低くなっていくのではないでしょうかね。





    P.S.
    おまけ

    展示会にいた、コンパニオンたちの写真です。
    写真も素人で下手な撮影ですみません・・・
    コンパニオンはサムスンとLG、どちらが良いですか?ブルーがサムスン、レッドがLGです。
    (主題とは全く無関係ですが・・・^^;)

    無題3

    無題2

    無題

    DSC02868.jpg

    DSC02856.jpg

    DSC02867.jpg




    スポンサーサイト

    テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済


    サムスンの株価下落と朴槿恵政権と韓国経済について



    最近気になるニュースが、韓国のサムスンの株価下落です。

    いまや世界的な大企業になったサムスン。韓国の経済はサムスンが支えているという認識は周知のものとなっています。

    これまで好調に見えたサムスン、そのスマートフォン「ギャラクシーS4」の売れ行きが鈍る、という一本のニュースがきっかけで、そのニュースが流れた当日に6%以上、そして先週末までに10%以上の下落となったとの事。

    液晶テレビも飽和してきた世界で、やはりスマートフォンが稼ぎ頭でしたから、マイナスなニュースの衝撃が大きかったという事でしょう。

    そしてもうひとつの記事。

    「サムスンは凋落する」と予言する韓国人 歴代大統領と財閥の蜜月とは?
    http://www.excite.co.jp/News/society_g/20130610/Bizjournal_201306_post_2288.html?_p=1

    ビジネスジャーナルの6月10日の記事には、韓国の政権交代と絡んで、今後のサムスンが失速するであろう事を予言しています。

    記事によると、韓国の前政権の李明博大統領時代には、その政権を支持したサムスンに政治的な恩恵が与えられ勢いが増したと言います。

    しかし李明博氏が大統領になった選挙戦の際、朴槿恵氏を立候補から払い落とす為に李明博氏が他の候補者と仕組んだと言われる工作に、資金的な援助面でサムスンが絡んでおり、今回大統領になった朴槿恵氏はその事を恨みに思っており、財閥解体(=サムスン解体)を目標に掲げているというのです。(どろどろした世界ですね。)

    最近の円安・ウォン高傾向により少なからずダメージを受けている折にサムスンが不調になりそうなこれらのニュースは、今後の韓国経済へのさらなる暗雲を予感させます。

    日本経済のライバルである韓国経済。

    人の不幸を喜ぶ訳では有りませんが、冷静に見れば、韓国経済が不調になれば逆に日本経済にとってはチャンス到来、と言えるのかも知れません。

    しかしなぜ、朴槿恵政権は自ら茨の道を進むのでしょう?
    日本軽視、財閥解体などの動きは、韓国経済にとってブレーキを踏む行為にしか見えません。
    きっと政治的な思惑が複雑に絡んでいるんだとは思いますけど。

    いらぬ心配かも知れませんが、今後韓国経済が悪くなり、一方相対的に日本経済が良くなると、先方のひがみの感情などにより今よりもっと日韓関係悪化の動きが出るのではないでしょうか。特に今の朴槿恵政権は。

    個人的には、お隣さん同士仲良くして欲しいんですけど。

    テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。