今後の日本経済を素人なりに考えます。
    経済に関する事を素人目で考察してみます。

    プロフィール

    ひーりん(heelin)

    Author:ひーりん(heelin)
    はじめまして。ひーりんです。
    男性。
    日本経済が今後どうなっていくのか興味がが有る、というか心配になって、いろいろな本やネットの情報を調べてみました。
    経済に関してはど素人ですが、好奇心だけで突き進んでみます!!^^;



    最新記事



    リンク



    タグ

    ロードバイク ハスラー 癒し レヴォーグ 自動車 スズキ_ハスラー 消費税 韓国 中国 世界経済 金融緩和 住宅ローン 金利 格差 教育 技術革新 野口悠紀雄 デフレ 雇用規制 QE 資本主義 ヘッジファンド アメリカ経済 バブル アベノミクス 経済 韓国経済 サムスン 需要 イノベーション 成長戦略 利子率革命 国債 反リフレ派 リフレ派 日銀 赤字 経常 円安 物価 株価 ポートフォリオリバランス効果 シグナリング効果 VARモデル 格差社会 景気 日本経済 円高 マネーストック マネタリーベース 



    月別アーカイブ



    カテゴリ



    検索フォーム



    RSSリンクの表示



    QRコード

    QR



    カウンター



    ブログランキング



    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    リフレ派は日本の国債残高が積み上がっていることについてどう思っているでしょうか?

    これまで、反リフレ派の野口悠紀雄氏、小幡績氏、藤巻健史氏の国債暴落についての考え方を見てみました。
    では、リフレ派は1000兆円にも積み上がった国債残高についてどう思っているでしょうか。

    浜田宏一氏の「アメリカは日本経済の復活を知っている」

    と、

    渡辺哲也氏の「これからすごいことになる日本経済」

    から読み取って見ました。

    どちらも主張はほぼ同じで、自国通貨建ての国債がデフォルトする事は有り得ない、というものです。国に通貨発行権が有り、いざとなればお金を刷る事ができて国債を償還する事ができるからだと言います。

    主な主張

    ①日本は世界で最大の対外資産を持った国。円は、日本国民全体の信用をバックにしており、現実に円の値打ちは上がり続けている。

    ②日本は変動相場制を取っているので、仮に日本政府が破産したとしても、日本国民は絶対に破産しない。政府が破産しかけても、国債を政府が買い上げて円安にし、その事で財政危機を解消するという選択が(良い選択かどうかは別として)残っている。

    しかしこれは、反デフレ派の主張を見た後ではさまざまな矛盾点が感じられます。

    まず①について。
    リフレ派は、円の値上がりは「単なる貨幣現象」といつも述べます。円が値上がりしたのは、アメリカやヨーロッパが増やしたマネタリーベースに比べて、日本の増やし方が足りなかったからだと。しかし、①の主張は急に「日本国民全体の信用」を持ち出した感が否めず、「単なる貨幣現象」と述べた事から筋が通っていない感じがします。

    次に②について。
    円安で財政危機を解消する・・・。この言葉からは重大さが感じられませんが、財政危機が解消できるくらいの円安とは、おそらくハイパーインフレを起こすくらいの円安の事と思われます。ハイパーインフレを肯定する考えであり、ある意味開き直りの考えのようにも受け取れます。

    反リフレ派の肩を持つ訳では無いのですが、リフレ派の意見は理論の裏づけが少なく、楽観的すぎるように感じる事が多いです。

    ・・・反リフレ派の考えをたくさん見たので、知らず知らずのうちに影響されてしまったのでしょうか・・・^^;

    国債暴落、絶対に起こって欲しくないですが、リフレ派の人々のように楽観的な気持ちにはなれない今日この頃です。(汗)
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。