今後の日本経済を素人なりに考えます。
    経済に関する事を素人目で考察してみます。

    プロフィール

    Author:ひーりん(heelin)
    はじめまして。ひーりんです。
    男性。
    日本経済が今後どうなっていくのか興味がが有る、というか心配になって、いろいろな本やネットの情報を調べてみました。
    経済に関してはど素人ですが、好奇心だけで突き進んでみます!!^^;



    最新記事



    リンク



    タグ

    ロードバイク ハスラー 癒し レヴォーグ 自動車 スズキ_ハスラー 消費税 韓国 中国 世界経済 金融緩和 住宅ローン 金利 格差 教育 技術革新 野口悠紀雄 デフレ 雇用規制 QE 資本主義 ヘッジファンド アメリカ経済 バブル アベノミクス 経済 韓国経済 サムスン 需要 イノベーション 成長戦略 利子率革命 国債 反リフレ派 リフレ派 日銀 赤字 経常 円安 物価 株価 ポートフォリオリバランス効果 シグナリング効果 VARモデル 格差社会 景気 日本経済 円高 マネーストック マネタリーベース 



    月別アーカイブ



    カテゴリ



    検索フォーム



    RSSリンクの表示



    QRコード

    QR



    カウンター



    ブログランキング



    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    ヘッジファンドとは必要性が有るものなのか?

    リーマンショックやユーロ危機の立役者となったヘッジファンド

    ヘッジファンドが必要なのか不要なのかという議論はたびたび有るようです。

    ヘッジファンドが必要という意見
    ・アメリカの住宅市場が回復しているが、個人投資家が買っている訳ではなく、ヘッジファンドが買い支えている一面も有る。リーマンショック後のアメリカ経済の回復にヘッジファンドは一躍買っている。
    ヘッジファンドは、誰も手を出さない土地や建物や株や債権にリスクを取って投資を行い、流動性の向上に一役買っている。
    ・運用業界では、利回り確保には債券や株式だけでなくヘッジファンド等への投資が必要とされる。

    ヘッジファンド不要という意見
    ・ヘッジファンドは一部のお金持ちの為に運用する集団。利益を上げ、良い運用成績を残す事のみを目標とし、その投資に振り回された企業や国にどんな悪影響を与えるかにはまったく関心が無い。例えば株・通貨・国債などを買い、その大量の資金を用いてさまざまな手段で値段を吊り上げ、一番高い時に売り逃げして自身は大きな利益を得たり。
    逆に、ヘッジファンドが大量のレバレッジをかけ、空売りによる値下がりによって大きな利益を得たりする。例えばある会社の株を、大量の資金をもとに空で売り叩くき、すると値段が下がるのであわてた一般投資家も売りに走り、十分に下がったところで同じ分だけ買い戻し大もうけする・・・。 ヘッジファンドは自身や金持ちの利益しか考えておらず、概して世の中を混乱に陥れるものであり、それに関わっていなかった多くの健全な人々にとって迷惑以外のなにものでもない。

    ヘッジファンドがどんなもので、これまで世の中にどんな悪影響を与えたか、は下記の記事が参考になります。

    ユーロ危機を演出するヘッジファンドの正体 経済ジャーナリスト・西野武彦  日本経済新聞 2012/5/30 記事
    http://www.nikkei.com/money/investment/stock.aspx?g=DGXNMSFK2102M_21052012000000&df=1


    ヘッジファンドが経済規模を拡大し、それによって経済が活性化できる一面はあるのでしょうが、いろいろネットの記事を見てもどう考えても悪い側面が大きそうですね。

    ではなぜ、そのように悪影響ばかりが目立つヘッジファンドを無くす動きにならないのでしょうか。
    ヘッジファンドはアメリカとイギリスで約7割を占めているとの事。
    ヨーロッパなどが求めてきたヘッジファンドの規制に、アメリカ・イギリスは強く反対し続けて来たといいます。
    儲け方を知っているお金持ち達が、その方法を簡単に手放すはずは有りません。
    誰かに迷惑をかけたり、不幸にしたうえにその儲けが生まれている事には無関心です。

    ヘッジファンドは、金融空間が膨張した現代資本主義の中で人々の欲望を肥やしにして巨大化した怪物だと思います。

    その怪物により得をするのは、一部のお金持ちだけでしょう。

    有益な情報はお金持ちのところにいち早く入り、お金が有るところに更にお金が集まる事になっています。

    資本主義はお金持ちをさらにお金持ちにするシステムと言いますが、それを加速されているのがヘッジファンドという怪物です。

    ヘッジファンド・・・私たち99%の一般庶民にとっては不要というか、有ったら迷惑なものです。


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済


    リーマンショックと影の銀行システムとヘッジファンド

    やっぱりアメリカ経済を学びなさい・・・この本に、リーマンショック時のバブルのエンジンは「影の銀行システム」だったと有ります。

    今、中国経済でも話題になっているシャドーバンキング・・・これがアメリカで猛威を振るった結果がリーマンショックだったという事ですね。

    では、シャドーバンキングとは何か。一言で言うと、銀行を介さずに資金のやり取りする取引のこと、という事らしいです。


    ・書類上だけの金融機関(投資ビークル)が、さまざまな短期債権を発行し資金を集める。
    ・集めた資金は、信用力の低いサブプライム住宅ローンへ投資。
    ・投資ビークルが発行した短期債権をMMF(マネー・マーケット・ファンドという投資信託)が買い手となった。
    ・MMFは即日購入・解約が可能な擬似通貨そのものと言える存在。つまり、投資ビークルが擬似通貨を発行できる存在となった。
    ※実際はレポ取引や証券貸借取引と呼ばれる手段で調達された短期資金も擬似通貨になったらしいですが、私にはそこの言葉までついて行けません。(汗)

    ・・・しかし考えてみると、そもそもMMFが信用力が低い短期債権を購入したのが悪い感じですが、おそらく確信犯でしょう。バブルバブル崩壊が起こるとわかっていても、自分が儲かればいい、儲かる話に乗らない手は無い、その考えが危機を拡大していったのだと思われます。

    そしていつも危機をあおって拡大する立役者となるのが、「ヘッジファンド」ですよね。

    ヘッジファンドとは、人々から託されて集めた大金を投資し運用し、利益追求だけを考えた投機的なファンドですが、私たち庶民からするといいイメージが有りません。株の乱高下を引き起こしたり、世の中を混乱させる根源のような気がしてます。

    ヘッジファンドについてこんな記述が有ります。
    ----ヘッジファンドとは,あまり制約を受けずに活動することのできる投資資金プールである。彼らの行動は(少なくとも今までは)あまり規制されておらず,非常に高い手数料(fees)を要求し,こちらが返して欲しい時に投資したお金を返してくれるという保証はなく,また実際に何をやっているかを明らかにすることもまず無い。彼らは,常に金儲けに成功し続けていなければいけないと思われており,もしそれに失敗すると顧客投資家は資金を引き揚げて,最近の運用成績の良い他のファンドに投資してしまう。彼らは3・4年ごとに,百年に一回の洪水を引き起こす。ヘッジファンドは,スイスのシュネーブ(Geneva)のお金持ちのために,コネティカットのグリィニッチ(Greenwich)に居るお金持ちたちによって運営されている(Asness,2004) 1998年のロングターム・キャピタル(LTCM)危機の後に書かれた,少し斜に構えた定義から引用----

    2004年の時点でヘッジファンドはこのように悪者扱いのように言われていた訳です。
    お金持ちの為にお金持ちが運営している仕組み。私たち庶民はいつも振り回されんですよね~。なんとかして欲しいです。

    では、リーマンショック後にちょっとは状況が改善されたのか。

    ・金融機関に対する、自己資本の質・量・比率の規制
    ・レバレッジ比率規制(レバレッジ=テコの原理・・・これが大きいほどギャンブル性が高まる感じと思います。)
    ・格付対象会社との利益相反関係が潜在する格付会社への規制
    ・ヘッジファンド等シャドーバンキングへの規制の網かけと強化
    ・グローバル規模で金融システムの健全性を監視する仕組みの検討

    などなどいろいろ行われてはいるようですが、金融世界が大きくなりすぎた今日、人々の欲望がまた危機を呼び起こす事でしょう。

    いっそ、ヘッジファンドというものが無くなってしまえばいいのに、と思います。

    お金持ちも貧乏人も、自己責任で自分の頭で考えて運用することにすれば、誰もがどのような結果にも納得が行く世界になるのでは。


    関連記事

    テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。