今後の日本経済を素人なりに考えます。
    経済に関する事を素人目で考察してみます。

    プロフィール

    Author:ひーりん(heelin)
    はじめまして。ひーりんです。
    男性。
    日本経済が今後どうなっていくのか興味がが有る、というか心配になって、いろいろな本やネットの情報を調べてみました。
    経済に関してはど素人ですが、好奇心だけで突き進んでみます!!^^;



    最新記事



    リンク



    タグ

    ロードバイク ハスラー 癒し レヴォーグ 自動車 スズキ_ハスラー 消費税 韓国 中国 世界経済 金融緩和 住宅ローン 金利 格差 教育 技術革新 野口悠紀雄 デフレ 雇用規制 QE 資本主義 ヘッジファンド アメリカ経済 バブル アベノミクス 経済 韓国経済 サムスン 需要 イノベーション 成長戦略 利子率革命 国債 反リフレ派 リフレ派 日銀 赤字 経常 円安 物価 株価 ポートフォリオリバランス効果 シグナリング効果 VARモデル 格差社会 景気 日本経済 円高 マネーストック マネタリーベース 



    月別アーカイブ



    カテゴリ



    検索フォーム



    RSSリンクの表示



    QRコード

    QR



    カウンター



    ブログランキング



    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    やっぱりアメリカ経済を学びなさい

    経済のニュースを見ていると、株価乱高下や為替の変動は、ほとんどアメリカ経済の影響を受けているみたいです。

    「アメリカ景気の先行きを好感して株価が上がりました」

    「アメリカの金融緩和縮小が現実味を帯び、円を買う動きになりました」

    ・・・結局、日本経済はアメリカ次第なんだな~、そう感じます。

    アベノミクス効果で円安、株高になっているのも、実はアメリカのおかげであり安部首相は運が良かっただけだ、という人もいます。

    シェールガス革命などでアメリカの景気が良くなる事を見越した投資家が、円を売ってドルを買うから円安になるんだと。

    まぁ、でも個人的には、これまでの円安株高は、確かに運も良かったとは思いますが、アベノミクスが投資家の期待に働きかける効果も大きかったんだとは思いますがね~。(期待に働きかけたからには、期待を裏切る事にならないことを祈っています。^^;)

    しかし、アメリカ経済が日本経済のみならず、世界経済に莫大な影響を与えていることは確かな事だな、と感じずにはいられません。


    「やっぱりアメリカ経済を学びなさい」 東洋経済新報社 小野 亮著 安井 明彦著


    経済関係の本、たくさん買い込みましたが、久々に「読みたい!」とモチベーションがあがった本です。

    しかも、プラス思考な事が書いて有りそうなので、気分的に明るくなれそうです。

    -------------------------------------------------------------------------------------
    楽天BOOKSの内容紹介から
    アメリカは日本経済の救世主?2013年の円安はアベノミクスだけではありえなかった?なぜリーマン危機から早期に回復できたのか?「負け組」の人々の困窮―雇用問題の深刻化、投資大国アメリカ―海外資産が生み出す巨額の収益。
    注目のエコノミストがやさしく語った、本格入門書。
    --------------------------------------------------------------------------------------

    まださわりしか読んでませんが、アメリカ経済の実態の解説の合間に、「コラム」としてアメリカの政治・経済に関連する習慣的な内容が予備知識的にちりばめられていて、興味をそそります。

    例えばコラム内容から。
    「エジプト王の夢 ・・・ 7年の豊作のあとには7年の飢饉(旧約聖書) ・・・ の教えから、リーマンショック後もうすぐ7年、今後の大転換を予言」

    この本、面白そうです!


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済


    能力によって収入にますます格差が出る今後の会社員

    そういえば、6月15日にボーナスが出ました。

    期待していたのに少なかったです~(涙)

    今の企業は利益が上がっても、従業員にはあまり還元することをしないで溜め込むと言いますが、それが実感です。安部首相のアベノミクスの意向に沿って、どんどん給料を上げてくれたら良いのですが・・・。

    ところでこんな記事を見ました。

    なぜ給料が二極化するのか? 年収200万円と800万円の人
    http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1303/06/news003.html

    経済規模が大きくなっていく成長社会であれば、情報処理の能力だけでそれなりの給料がもらえてましたが、成熟社会になると「情報編集能力」というのが大事になるらしいです。

    この能力に関して、記事を読んだ私の理解は・・・

    情報処理能力 : 一つのインプットから一つもしくは少数のアウトプットを出すような、情報に対しての簡単で単純な整理。
    情報編集能力 : 一つのインプットから、複数のアウトプット、もしくはひとつの斬新なアウトプットを作り出すクリエイティブな力。

    天才なら1人でも可能だし、天才でなければインターネットや会社などで複数の人々のアイデアを得ながらでも良い。

    いっこ情報があったら、いろんな人からアイデアを出して、人々が欲する物・情報・企画など、何かを作り出す能力ですね。

    それができる人は年収800万円以上になるし、単純作業だけだと新興国やコンピューターやロボットに仕事を奪われて、年収が200万円になってしまうと。

    これに続く記事にはいろいろ対策が書いていました。
    時給800円と8万円――仕事をしていて、なぜ100倍もの差がつくのか
    http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1303/13/news003.html

    会社員の最大のリスクは「上司」――なぜ?
    http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1303/20/news001.html

    「会社に欲しがられるレアカードになれるように努力しよう」
    「上司によって出世が左右される。これは運である。会社一つの単線的よりも、複線的な生き方を心がけよう」

    そんな事が書いてあるんですが、「へたれ」な私は気が重くなってしまいました・・・。住みにくい世の中になるんだなー、という印象です。

    能力主義って言いますけど、今後は能力によってさらに格差が広がる社会になるんでしょうね~

    ところで上記は、会社員として生き延びる能力だと思います。今後の会社員というのは、いばらの道、です!


    そういえば一方で、今の世の中はインターネットでお金を稼いでいる人たちも大勢(?)いますよね。

    アフィリエイトとか、ヤフオクとか・・・

    今後は、そういう選択肢も捨てたもんじゃ無いのかも知れません。(どの道も甘くはなさそうですけどね。)



    関連記事

    テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。